特別養護老人ホームとは・・・

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 特別養護老人ホームとは・・・

特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホームとは、原則要介護3以上の高齢者が入所できる施設です。その役割は「終のすみか」ともなり、看取りを行うことも珍しくはありません。50名以上の利用者に対応する施設がある一方で、1グループあたり10名以下の対応を行う「ユニット型特別養護老人ホーム」もあります。

仕事内容・役割

ご入居者が快適に生活できるよう、介護職員がさまざまな介護をおこないます。食事や入浴、排泄など、身体的な介助はもちろん看護職員とともにご入居者の健康管理をおこなったり、理学療法士などのリハビリ専門スタッフと協力しあって身体機能の維持・回復をサポートします。また、ご入居者のご家族様の対応も大事なお仕事。ご入居者の日々の状況をお伝えしながら、ご家族様からご入居者様の情報をいただきご利用者とのコミュニケーションに活かします。施設長や共に働く介護職員と連携しながら、ご入居者の生活を支援していきます。施設に医師は不在で、多くの施設は、看護師は1人(ご利用者数による)での勤務になります。

介護施設の中でも施設数が多い特別養護老人ホームですが、今後も増加することが予想され、求人募集の件数も増えていくと思われます。訪問介護やデイサービス、有料老人ホームなどに比べて特養は、介護度の高いご入居者を受け入れているため、介護職員は一定の介護技術や経験値が求められます。その分待遇面が充実していることも多く、介護経験をお持ちの方はさらにステップアップできる環境です。

こんな方におすすめ!(^^)!

1.ご入居者とじっくり向き合いたい方
2.介護技術を磨き、スキルアップしたい方
3.認知症の方の対応力を身につけたい方
4.安定した収入を得たい方