面接失敗あるあるその① 「コミュニケーション能力」のアピール

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 面接失敗あるあるその① 「コミュニケーション能力」のアピール

面接や応募書類で「失敗した~!!」ってことは誰にでもあるものです。

事前に対策をしっかりとって、

当日は自分のいいところがきちんと伝わるようにしたいものですね。

失敗から学ぶことも対策の一つ。

今回は面接失敗あるある第一弾。

コミュニケーション力のアピールの仕方についてお話ししたいと思います。

まずお伝えしておきたいのは、

そもそも「コミュニケーション能力」は他人に評価してもらうもの!

ということです。

自己評価するものではないことを前提に考えましょう。

よくある失敗は「おしゃべり好き」「話し上手」を「コミュニケーション能力」があると同一視してしまうことです。

面接官にしてみればこれは「勘違いしている人」ととらえられます。

自分が「おしゃべり好き」「話し上手」であれば、「アウトプット力が高い」とか「プレゼン力が高い」、「人前で話すのが得意」などと表現を少し変えると面接官への印象がかなり好転します。

いかがでしょうか。
これから面接に挑む方の参考になれば幸いです。

↓「湘南介護求人センター」は面接や応募書類作成もしっかりサポート! 湘南エリア・介護業界のお仕事探しは下記からどうぞ(^-^)↓