不適切な採用選考について

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 不適切な採用選考について

不適切な採用選考について

採用にあたり、まだまだ不適切な対応を行っている実態があるようです。

今回はその内容についてお知らせいたします。

不適切な採用選考の実態

下記は平成28年度にハローワークが把握した1,134件の不適切な採用選考内容の内訳です。

  1. 家族に関すること 47.7%
  2. 思想       11.2%
  3. 住宅状況     8.9%
  4. 本籍・出生地   2.9%
  5. 健康診断     2.9%
  6. その他      26.4%

次の個人情報の収集は原則として認められません

  • 人種・民族・社会的身分・門地・本籍・出生地その他社会的差別の原因となる恐れのある事項
  • 思想及び信条
  • 労働組合への加入状況

こんな選考方法は不適切!

エントリーシート編

  • 本籍や帰省先を記入する欄がある
  • 健康状態や既往歴を記入する欄がある
  • 家族構成や家族の職業など、家族に関することを記入する欄がある

面接編

  • 場を和ませるつもりで、家族や出身地に関することを聞いている
  • 家の間取り、借家・持ち家などの住宅状況について聞いている
  • 思想や信条に関すること、購読新聞・支持政党・愛読書などについて聞いている

弊社も公正な採用選考に向けて、今後もその趣旨の徹底と、啓発に取り組んでまいります。

そんな弊社のお仕事さがしはこちらから! ↓↓↓

HOME