社会福祉主事ってどんな資格?

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 社会福祉主事ってどんな資格?

社会福祉主事ってどんな資格?

介護系の求人の募集資格欄でよく見かける「社会福祉主事任用資格」
社会福祉における相談業務をするための資格ではありますが、正直よくわからない、知らないという方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、この「社会福祉主事任用資格」について簡単にご説明いたします。

公務員になってはじめて名乗れる資格・・だが

福祉事務所の職員(家庭訪問、面談、生活指導などを行う職員)として任用される者に要求される〝任用資格″です。

〝任用資格″というのは、「社会福祉主事になれる資格がありますよ」という意味。実際に公務員試験を受け、公務員にならなければ社会福祉主事を名乗る事は出来ません。つまり、資格を取得し、公務員として働くことになってはじめて生きる資格です・・が↓

社会福祉施設・介護施設への就職の際に有利な資格でもある

公務員として働く場合以外にも、施設長などの募集では、社会福祉主事任用資格を持っていることが有利に働いたり、応募資格に規定されたりすることがあります。福祉について勉強してきた証でもあるので、老人ホームなどの相談員の募集の際にも、アピールになります。

実際に介護関連の求人を見てみると、社会福祉主事任用資格を明記して募集しているケースが多いです。その求人先は、社会福祉協議会、デイサービスや特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどの生活相談員、病院の医療相談員など多岐にわたります。資格手当がつく場合も多く、キャリアアップにも役立ちます。

これまで介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士などの資格を生かして介護現場で勤務していた人が、相談業務に就こうと思ったら、やはり社会福祉主事任用資格か、社会福祉士の資格を取得しておきたいところです。相談業務に就くために絶対に必要な資格ではありませんが、求人広告を見ても、募集企業が重要視していることがよくわかります。

 社会福祉士資格よりもラクに取得できる

似たような名前の資格として、「社会福祉士」がありますが、こちらは国家資格であり、試験に合格することが必要です。その合格率は25~30%という厳しさ。非常に広い範囲から試験問題が出題される難関資格です。その点、社会福祉主事任用資格は、授業や講習を受けるだけで取得することができる終了証。受験勉強をする時間がない人にとっては、非常にメリットの大きい任用資格です。

 

↓社会福祉主事のお仕事をお探しの方はこちらからどうぞ(^^♪↓