介護 業界関連ニュース速報 「コロナ禍で売上減の事業者増」

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 介護 業界関連ニュース速報 「コロナ禍で売上減の事業者増」

コロナ禍で売上減の事業者増加 10%以上減が46.7% 全国介護事業者連盟

全国介護事業者連盟が4日、新型コロナウイルスの介護現場への影響を探る緊急調査の結果を公表しました。

報告によると、今年1月1日から1月15日までの売上について、前年同期と比較して10%以上減少したと答えた事業所が46.7%にのぼったとされています 。

売上が20%以上減少したところは20.5%。60%以上減少したところも4.8%あり、多くの事業者が厳しい状況にされされています。
新規感染者数の急増、緊急事態宣言の再発令から、高齢者の利用控え、出費の増大、感染者の発生などに大きな影響を受けている事業者が急増していることがわかります。

国も神奈川県も結局、施設にすべて丸投げで、施設側からは「もう限界」という声も聞こえてきます。
「陽性者と近距離で接しましたが、検査を受けられず不安」
「予防は全て施設任せ。」
「何かあったら運営中止で補償もなし」・・などなど。
神奈川県の発表によると、クラスター(感染者集団)が終結していない県内の福祉・介護施設は66施設、陽性者数は1081人(1月末現在)に上るとされています。
神奈川県は、介護施設などに感染予防策を講じた上で事業継続するよう要請していますが、現場の負担は限界に達しています。

2021.02.08