介護 業界関連ニュース速報 「多職種会議 原則Web開催可能に」

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 介護 業界関連ニュース速報 「多職種会議 原則Web開催可能に」

多職種会議 原則Web開催が可能に 介護現場の負担減へのルール変更

施設・事業所の運営基準や加算の算定要件などで開催が求められる各種の会議について、4月以降Zoomなどオンラインミーティングツールで開くことが原則として可能になることが決まりました。国のガイドラインなどを踏まえた運用が必要となるとのことですが、今後はスマホやタブレット、PCなどを使った効率的な業務が可能になりそうです。コロナ禍の特例として既にこうした運用が認められていますが、4月以降は正式なルールとして恒久化されます。

◆全てオンライン開催が可能なもの:

  • 医療・介護の関係者のみで完結する会議

◆予め同意を得なければいけないもの:利用者・家族が参加する形態の会議 ※十分な同意があればビデオ通話などで済ませても問題なし

  • サービス担当者会議
  • リハビリテーション会議
  • 居宅介護支援の退院・退所加算
  • 通所介護の生活機能向上連携加算
  • 特定施設の医療機関連携加算

◆例外:利用者の住まいへ訪問することが要件となっているもの

  • ケアマネジャーのモニタリング
  • 特養の退所前・退所後訪問相談援助加算などに伴う会議
  • 老健の入所前後訪問指導加算などに伴う会議

 

DXを推進する政府全体の方針に沿った動きで、厚労省は現場の業務負担の軽減につなげて欲しいと呼びかけています。

超アナログと揶揄されてきた介護業界。一歩前進となりそうです。

DX推進は今後も加速することが予想されます。

PCやタブレットの取り扱いが苦手な方、手書きの記録にこだわってきた方・・

頑張ってください。

 

2021.01.23