介護 業界関連ニュース速報 「ヘルパーの移動時間は労働時間」

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 介護 業界関連ニュース速報 「ヘルパーの移動時間は労働時間」

「ヘルパーの移動時間は労働時間」 適正な賃金の支払いを要請 厚労省

「訪問介護従事者の移動時間や待機時間を一律に労働時間として扱っていない事業者の存在が未だに指摘されている」。厚生労働省がこの問題に対して今月15日、通知を全国の自治体に出しました。

◆労働時間に該当するもの

  • 事務所から利用者宅へ移動する時間
  • 利用者宅から次の利用者宅へ移動する時間
  • 事業者が求めて本人の自由をある程度制約している状況での待機時間

◆休業手当の支払いに該当するもの

  • 利用者からのキャンセルや時間変更などでヘルパーを休ませる際、他の利用者宅での勤務の可能性などを十分に検討し、最善の努力を尽くしたと認められない場合

これらを適正に把握、管理して賃金を支払う必要があるとしています。

厚労省はこれまでも同じ趣旨の通知を出してきた経緯があるものの、まだ適正な賃金支払いがなされていない事業所があり、通知の効果に疑問が残ります。

運営が厳しく倒産件数も圧倒的に多い訪問介護事業所の事情をみると、そこに通知が行き届かない原因がありそうです。

事業所には働き手目線での最低限のルールは守ってもらいたいところですが、

同時に首を絞める発信だけではなく、訪問介護サービスの消滅に歯止めをかけるための十分なフォロー策もセットで考えてもらいたいものです。

 

2021.01.22