「退職願」「退職届」「辞表」・・違いは?

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 「退職願」「退職届」「辞表」・・違いは?

「退職願」と「退職届」と「辞表」それぞれの役割と使い方

これらの似ているようでそれぞれ役割の違う3つの書類書類・・何となく知っているようで、いざ並べてみるとそれぞれの意味、役割って知らない人も多いのではないでしょうか。

辞める時はそれぞれの役割を理解して、必要に応じてこれらの書類を提出する必要があります。

ただし、退職を決めたら、いきなり届出をするのではなく、まずは上司に相談するのが基本です。

了承を得て、退職の日が決まってから、手続き上必要な書類を作成しましょう。

 

では今回はそれぞれの書類の解説です。

「退職願」:

この書類は労働契約の解約を願い出るものです。会社に退職を申し込み、承諾がなされてから初めて退職となるため、提出した時点では退職となりません。相手が承諾するまでは撤回することができます。通常自己都合による退職の際に使用することが多いようです。

 

「退職届」:

「退職届」は会社への明確な意思表示となり、受理された時点で退職となります。こちらは撤回することができません。通常会社都合による退職で使用する場合が多いようです。

 

「辞表」:

会社の運営にかかわる役員が役を辞する際や、公務員が提出するものです。一般社員は使わない書類なのでご注意を。

 

↓神奈川県内・湘南エリアでお仕事をお探しの方はこちらからどうぞ(^^♪↓