今更聞けない!?~社会福祉士とは~

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 今更聞けない!?~社会福祉士とは~

はじめに

今回は社会福祉士についてご紹介致します。

このページをご覧になる方の多くは、相談業務に興味をお持ちの方ではないでしょうか。

介護福祉業界において、現場職のイメージが強いと思いますが、社会福祉士は業界において数少ない国家資格の1つであり、現場作業ではなく相談業務を行う者となります。

では、具体的にどのような仕事内容なのか、またどのようにしたら取得できるのか等をご紹介致します。

 

社会福祉士とは

社会福祉士は、“ソーシャルワーカー”とも呼ばれる「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく国家資格です。福祉系の大学で指定科目を履修するなど、指定の受験資格を満たした上で国家試験に臨み、合格すると社会福祉士を名乗ることができます。

社会福祉士は、様々な理由により日常生活を送ることが困難になった方の相談に応じ、助言や指導を行い、福祉サービスや保健医療サービスとの橋渡しをする専門職となります。

福祉の相談援助に関する高度な専門知識・技術を有していることから、福祉や医療の相談援助の場において重要な役割を担っています。

ちなみに社会福祉士は国家資格ですが、医師、看護師、弁護士などのような「業務独占資格」ではなく、「名称独占資格」となります。その為、社会福祉士以外でも相談業務につくことはできますが、資格を保有していなければ「社会福祉士」を名乗ることができません。

 

社会福祉士の仕事内容

具体的に社会福祉士とはどの様な仕事をするのでしょうか。

社会福祉士として福祉の職場で働く人の多くは、社会福祉協議会や社会福祉施設、病院、地域包括支援センター等で活躍されています。具体的には、在宅・施設で生活している方の相談に応じ、必要な助言や利用可能な制度・サービスの紹介をはじめ、サービスの利用調整や関係者間の連絡など、相談者を支え、その抱える課題を解決する為に様々な仕事をしています。

また、「社会福祉士及び介護福祉士法」によれば、次のように定義されています。

”社会福祉士は、同法に基づく名称独占の国家資格であり、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連絡及び調整その他の援助を行うことを業とする者をいう。”

※参照:厚生労働省「社会福祉士の概要について」

つまり仕事内容としては、大きく分けて次の3つになります。

  • 相談

障害や病気などのさまざまな理由により日常生活に困難を感じている人から相談を受けます。

  • 連携

福祉サービスの提供者、医師、その他の保健医療サービスを提供する者に相談者をつないだり、利用のための調整をしたりします。

  • 援助

専門知識及び技術をもって相談者を援助します。その内容は、勤務先・対象者・相談者の抱える問題等によって異なります。

 

社会福祉士の主な活躍場所は

<児童福祉>

児童養護施設、乳児院、母子生活支援施設、障害児通所・入所施設など

仕事例:児童養護施設で「児童指導員」として勤務します。養護を必要とする子どもたちの生活支援を行います。

 

<高齢者福祉>

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、地域包括支援センターなど

仕事例:特別養護老人ホームで「生活相談員」として勤務します。入退所の手続きや、入所者や家族との相談対応、関係機関との連絡調整などを行います。

 

<医療機関>

一般病院、精神科病院、診療所、介護療養型医療施設など

仕事例:大学病院で、医療ソーシャルワーカー(MSW)として勤務します。患者さんやその家族の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る業務を行います。 例えば障害や病気があって経済面や就労面に困りごとがあり、どのような支援や制度が受けられるのかが分からない・申請方法が分からないといった悩みを抱えている人の相談に乗り、適切な支援や制度やその使い方をアドバイスします。

 

<行政>

福祉事務所、児童相談所、ハローワーク、保健所など

仕事例:福祉事務所で「相談員」として勤務します。生活保護受給者、高齢者、児童、母子、身体障害者、知的障害者や精神障害者などに対して、福祉サービスの相談に応じます。

※福祉事務所で働く場合は公務員という扱いになるため、公務員試験に合格する必要があります。福祉事務所で働く場合は公務員という扱いになるため、公務員試験に合格する必要があります。

 

<学校>

普通校のほか、特別支援学校、特別支援学級、フリースクールなど

仕事例:小中学校で「スクールソーシャルワーカー」として勤務します。子どもをとりまく家庭環境や生活している地域の特性などを把握し、学校の先生や保健所などの関係者たちとともに課題解決への道を探ります。

 

社会福祉士になるメリット

<社会的信用性が高い、国家資格!>

社会福祉士は『福祉・医療に関する相談援助の専門家として認められた国家資格』です。資格が無くても福祉や医療に関する相談援助の仕事をすることはできますが、社会福祉士資格を持っていれば専門家としての社会的な信用性も高く、相談者からも信頼を得られやすくなります。また、転職時等にも優位に立てます。

<多岐にわたる活躍の場!>

社会福祉士が相談を受けて助言・指導する対象者は、日常生活を過ごす上で支障がある身体障害者や知的障害者、低所得者などで、高齢者から子供まで様々です。活躍の場も、介護や医療、福祉など多岐に渡っています。

 

<体力より知力とコミュニケーション!>

介護現場でご活躍されてきた人の中には、腰痛や膝痛などに苦しんだり、夜勤で体調を崩したりする人もいます。しかし、相談業務は基本的には昼間の仕事になり、業務自体も体を使うよりも、知識と経験を駆使して助言をすることが中心です。その為、働き方を変えたい人にとっては、この資格を取得して相談業務に転職することが一つの目標になるのではないでしょうか。

 

 

社会福祉士になるには

社会福祉士になるためには、公益財団法人 社会福祉振興・試験センターが実施する「社会福祉士国家試験」に合格して、社会福祉士として登録する必要があります。

<受験資格>

国家試験の受験資格の対象者には大きく分けて次の4つのパターンがあります。

  1. 福祉系4年制大学卒を卒業(指定科目履修)
  2. 短期大学等で指定科目を修了したのち、1~2年以上の相談援助業務に従事
  3. 社会福祉士短期養成施設(6ヶ月以上)を卒業
  4. 社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業

細かく分けると下記の図のようになります。

※参照:社会福祉振興・試験センターのホームページより

 

最後に

今回は、社会福祉士についてご紹介致しました。

障害のある人や高齢者、経済的に困窮している人など、生活に困りごとを感じている人にとって、利用できる支援や制度を自分で調べ、申請することは、負担になるかもしれません。そんな方に対し、相談に応じて使える支援や制度を紹介したり、関係機関に繋げることができるのが、社会福祉士です。高い専門性を活かし、困った人に寄り添うことのできる仕事だと言えるでしょう。

国家資格の為、合格するのは決して簡単ではりません。合格率も30%を下回ることが多く、同じ福祉職の国家資格である、介護福祉士の合格率(70%)と比べても、福祉職の国家試験では最難関と言っても過言ではありません。

しかし、資格取得ができれば、それだけで能力の証明に繋がり、社会的信用も得やすくなります。また資格を持つことで、転職などにも有利に働きます。今後相談業務等でご活躍を考えている方は、ぜひ社会福祉士の取得を検討してみてはいかがでしょうか。