今更聞けない!?~主マネとは~

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 今更聞けない!?~主マネとは~

はじめに

今回は主任ケアマネについてご紹介致します。主任ケアマネあるいは、人によっては主マネという呼び方をする人もいます。位置付けとしては、以前ご紹介したケアマネの上位資格となります。
主任ケアマネとは具体的にどのような資格で、ケアマネと何が違うのか。またどのようにしたら取得できるのか等をご紹介致します。

 

主任ケアマネジャー」とは?

主任ケアマネとは、正式名称を「主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)」と呼びます。2006年の介護保険改正と同時に生まれた資格であり、ケアマネジャーの中で一定の研修を受けた者に与えられる上位資格となります。つまりケアマネジャーのキャリアアップ先となります。
主任ケアマネジャーは居宅介護支援事業所や介護老人福祉施設だけでなく、公的な支援機関の地域包括支援センターなど、就職先も多く活躍の場も広いでしょう。
また、特定事業所加算を取得する事業所には主任ケアマネジャーを配置する事が義務づけられているので、こうした事業所に勤務する有資格者もいます。
地域社会において、そして特定の事業所には欠かせない存在の主任ケアマネジャー。一定の経験を持つことが要求されるほか、高度な知識が必要とされるため、専門の研修を受けることが必須条件です。

 

ケアマネジャーの仕事内容とは?

主任ケアマネジャー主な仕事内容は、大きく分けて次の3つになります。

・介護に関わる多様なサービス(介護保険、医療、福祉など)のネットワークの向上
・他のケアマネジャーへの助言や指導を担うフォローアップ役
・地域の課題や特性を見極めて包括ケアシステムを進める実践者としての役割

以前ご紹介した、ケアマネジャーは、支援が必要な高齢者などに介護保険サービスやその他サービスを組み合わせてケアプランを作り、QOLを上げてよりよい暮らしをサポートする仕事でした。これに対し、主任ケアマネジャーは、ケアマネジャーのまとめ役的存在になる専門職になります。新人ケアマネジャーの指導・ 育成・相談に始まり、介護が必要な方のケアプランを作成する際のケアマネジャーへの支援や相談、また、地域課題の発見や解決、そして地域の発展のために尽力することが期待されます。
どの課題も、従来のケアマネジャーより広い視野や豊富な経験、知識を求められるものとなります。課題解決のための専門的な技術も必要とされる為、主任ケアマネジャーは、ケアマネジャー業務のエキスパートと言えます。

 

主任ケアマネジャーの活躍場所は

主任ケアマネジャーの主な活躍の場は、居宅介護支援事業所、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設など、基本的にはケアマネジャーに馴染みのある事業所となります。各事業所では、ケアマネジャーの指導や育成を行い、ケアプラン作成の助言なども行います。そして、さまざまな職種との連携や調整を図ることで、より適切で円滑なサービス提供へと導きます。
また、地域包括支援センターも主任ケアマネジャーの代表的な活躍の場となります。地域包括支援センターでは、予防ケアマネジメントや総合相談支援業務などを行います。公的機関の運営あるいは公的機関から委託されて運営している地域包括支援センターは、職場として安定していることからも人気の職場です。そんな地域包括支援センターでは、主任ケアマネジャーを配置することが必須条件となっています。その為、主任ケアマネジャーの資格を所有していることで、就職先を選ぶ際にはより幅広い選択肢から選ぶことが可能となります。

 

主任ケアマネジャーになるメリット

研修を受けるだけで有資格者に!?

主任ケアマネジャーは、ケアマネジャーとしての一定期間の経験があり、主任介護支援専門員研修を受講すれば資格を取得することができます。難関な試験や、面接があるわけではないので、比較的取得しやすい資格ともいえます。

 

能力の証明になる!

名刺に「主任介護支援相談員」や「主任ケアマネジャー」と書いてあると、それだけでキャリアの高さを認識してもらうことができます。ケアマネジメントをする中で、利用者さんやその家族に「任せられる人」と思ってもらえることも多いでしょう。

 

転職に有利!

地域包括支援センターのように主任ケアマネ等を必ず配置している職場などがあり、この資格を持つ人を限定して求人募集を行う職場もある為、転職活動をする上で職場の選択肢が広がります。また、能力の証明にもなる為、採用側にもアピールでき比較的有利に話を進めることが可能です。

 

主任ケアマネジャーになるには?

受験概要

主任ケアマネジャーになる為には、特別な資格試験はありませんが、主任介護支援専門員研修を受けなくてはなりません。この研修を受けるにあたり、主に下記のいずれかの条件を満たしている必要があります。※地域によって若干条件が変わることもあります。

  • 専任のケアマネジャーとして勤務していた期間が、通算で5年(60カ月)以上である人
  • ケアマネジメントリーダー養成研修を修めた人で、さらに専任のケアマネジャーとして働いた期間が通算して3年(36か月)以上である人
  • 主任介護支援専門員に準ずる者として、地域包括支援センターに配置されている人
  • ケアマネジャーの業務に関し十分な知識と経験を持っており、都道府県によって認められた人

※参照:厚生労働省/主任介護支援専門員研修ガイドライン

 

研修概要

地域によって研修の実施方法や日程などは異なりますが。神奈川県の場合は、研修は70時間分。研修手数料は50,000円となっています。

また、主任介護支援専門員研修は、以下のような内容を中心に実施されます。

  • 介護保険サービスや他の保健・医療・福祉サービスを提供する方との連携調整
  • 地域包括ケアシステムの構築に向けた地域づくり
  • 他の介護支援専門員に対する助言・指導など、ケアマネジメントが適切かつ円滑に提供されるために必要な業務に関する知識および技術の修得

※参照:神奈川県「主任介護支援専門員研修及び主任介護支援専門員更新研修について」

最後に

今回は、主任ケアマネについてご紹介致しました。資格取得するにあたり、決して楽な道のりではありません。しかし難関な試験を突破する必要もなければ、面接等もない為、ケアマネジャーの資格を取得された方なら、更なるキャリアアップのために、ぜひ主任ケアマネジャー取得を検討してみてはいかがでしょうか。