今更聞けない!?~介護福祉士とは~

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 今更聞けない!?~介護福祉士とは~

 

はじめに

この記事をご覧になる多くの方は、介護業界にて既にご活躍され、次のキャリアアップをお考えの方かと思います。何年もご活躍をされているのに、なかなか給料が上がらないといった悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方が、介護福祉士を取得することにより、初任者研修等よりも更に手当等が充実し、給与などの待遇が良くなります。また、就職活動の際にも有利になる為、介護職としてご活躍されるのなら是非取得目指したい資格となります。今回は、そんな介護福祉士についてご紹介していきます。
 

「介護福祉士」とはどんな資格?

介護福祉士とは、「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく国家資格です。一度取得すると、全国どこでも通用し、更新もないため一生ものの資格となります。
法律では、「介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」と定義しており、直接介護を行う介護職の、最上位の資格となっています。
その為、雇用する側の期待も高く、就職・転職時に有利に働く資格であるといえます。
与えられた仕事をこなすだけの単調な働き方のみならず、医師や看護師等との連携も必要な昨今では、介護福祉士のニーズは非常に高く、仕事に就いていなかったり、離職していたりしても比較的、就職・転職しやすい状況にあります。
 

介護福祉士の仕事内容とは?

介護福祉士の仕事は、介護が必要なお年寄りや障害のある人に対して、スムーズな日常生活が送れるように、食事や入浴、排泄、歩行などの介助や介護者からの相談に応じてアドバイスをしたり、介護者の精神面での支えになったりたりすることが主な仕事です。
また介護業務の他に、利用者のご家族に対する “相談・助言”、介護スタッフに対する “指導・教育”等も介護福祉士としての大切な仕事となっています。つまり介護の専門知識や技術を伝え、指導する現場のリーダー的存在と言えるでしょう。現場のチームリーダーとしての役割、介護のスペシャリストとしての期待も大きく、介護業界においても重要な位置づけとなっています。

 

「介護福祉士」を取得するメリットは?

高い介護技術と知識の証明!

介護福祉士を受験するには、実務者研修を修了している、または2年などの所定の専門的教育過程を経ていることが条件となります。その上で試験に合格して、初めて得られる国家資格です。その為、資格を取得する過程で、確実に知識や技術を身につけられます。そして、資格保有という形で、その専門性をはっきりと証明できます。

 

給料アップ!

給与や待遇面でもメリットがあります。無資格者や介護職員初任者研修取得者と比べると給料がよく、資格手当などがつく場合が多いようです。

 

就職に有利!

職種選択の幅が増えることもメリットの1つです。例えばサービス提供責任者・リーダー・生活相談員など、事業所で配置が必要な役職については、介護福祉士などの有資格者でなければならないものもあります。介護福祉士資格を持っていることで、採用担当に業務に対する意欲のアピールができます。また採用担当の中には「管理職候補として」と想定する人もいるようです。その為、将来的に管理者として働くという選択肢も増えてきます。

 

ケアマネジャーを目指せる!

将来的にケアマネージャーを目指せるという選択肢がでてきます。ケアマネージャーになる為には、介護福祉士や社会福祉士などの国家資格を得てから、もしくは、生活相談員などの相談援助業務を担当してから、5年の経験が必要とされています。介護職からケアマネージャーを目指すのであれば、介護福祉士は、必ず取得しておきたい資格となります。

 

介護福祉士になるには?

介護福祉士になるには、「介護福祉士」の国家試験に合格し、介護福祉士の資格を取得する必要があります。以下のいずれかの方法で介護福祉士の資格を取得し、介護福祉士として登録することにより、介護福祉士を名乗ることができます。

①3年以上(在職期間3年以上、実働日数540日以上)介護等の業務に従事した方で、実務者研修を修了した方

②3年以上(在職期間3年以上、実働日数540日以上)介護等の業務に従事した方で、介護職員基礎研修と喀痰吸引等研修(3号研修を除く)の両方を修了した方

③高等学校又は中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した方

④特例高等学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した後、9ヶ月以上(在職期間9ヶ月以上、実働日数135日以上)介護等の業務に従事した方

⑤EPA(経済連携協定)介護福祉士候補者として来日し、3年以上(在職期間3年以上、実働日数540日以上)介護等の業務に従事した方

⑥文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定した学校または都道府県知事の指定した養成施設において、介護福祉士として必要な知識と技能を修めて卒業した方

公益財団法人社会福祉振興・試験センターより

(注意1)「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、平成29年度(第30回)から、養成施設ルートが介護福祉士国家試験の受験資格となります。なお、養成施設を平成33年度末までに卒業する方は、卒業後5年の間は、国家試験を受験しなくても、または、合格しなくても、介護福祉士になることができます。この間に国家試験に合格するか、卒業後5年間続けて介護等の業務に従事することで、5年経過後も介護福祉士の登録を継続することができます。平成34年度以降に養成施設を卒業する方からは、国家試験に合格しなければ介護福祉士になることはできません。
(注意2)実務経験ルートで受験を希望する方は「実務経験3年以上」だけでは受験できません。
(注意3)平成20年度以前に福祉系高等学校(専攻科を含む)に入学し、卒業した方、特例高等学校(専攻科を含む)を卒業し、9か月以上介護等の業務に従事した方が、「実技試験の免除」を申請する場合は、「介護技術講習」を修了する必要があります。「実務者研修」の修了で実技試験が免除になるのは、「実務経験ルート」と、「経済連携協定(EPA)ルート」の方のみですのでご注意ください。

 

最後に

今回は、介護福祉士について、ご紹介致しました。国家資格となる為、簡単に取得できるものではありません。しかし一度取得すれば介護福祉士として登録でき、資格取得までの知識や経験値はもちろん、資格を持っているだけでも、一定の能力証明となり、就職時などに非常に有利に働きます。また資格手当等で更に給料アップも見込めるため、今後介護職としてのキャリアアップをお考えの方は是非、介護福祉士の資格取得をチャレンジしてみてください。