今更聞けない!?~介護職員初任者研修とは~

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 今更聞けない!?~介護職員初任者研修とは~

はじめに

 

皆さん、就職・転職活動をする上で必ず求人情報に目を通しますよね。その中でも特に目が向かう所が、給料と応募資格だと思います。そのよく見かける求人情報に「介護職員初任者研修修了者」等の条件が記載されている場合も少なくありません。そこで、今回は、介護業界における資格の入門的な位置付けにある「介護職員初任者研修」についてご紹介致します。

 

 

「介護職員初任者研修」とはどんな資格?

 

介護職員初任者研修とは、『在宅・施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識・技術を習得する研修』です。この資格を持つことで、介護職としてのキャリアがスタートし、正社員・パートなどの様々な働き方で活躍することができます。
介護の業務は大きく分けて、掃除や洗濯・料理などの「生活援助」と、利用者さんの身体に触れて食事・入浴・排せつなどの日常生活を支援する「身体介護」の2種類があります。このうち、利用者さんの身体に触れる「身体介護」をするためには、必ず介護の資格を保有している必要があります。

介護の資格は、短期間でとれるものから、難易度の高い国家資格まで様々なものがあります。その中で、この介護職員初任者研修は約3カ月程度で取得が可能な最も取得しやすい資格となります。まさに「介護のスタート資格」と言えます。

具体的には、介護の知識、介護の理念、高齢者への接し方等、利用者の個性を尊重すること、その人らしさを大事にした介護をすることなど、とても大切な基礎を学びます。

また人間の体の仕組み、老齢化したときの身体的な変化、基礎的な医療知識なども学びます。これらを知ることで、ケガや病気が起こったときの対処だけでなく、予防等にも役立てることができます。

ちなみに、以前はホームヘルパー資格の1級、2級、3級や介護職員基礎研修がありました。現在は制度変更により、介護職員初任者研修が、新人向けの入門的な資格として位置づけられています。また身体介護ができるという意味で、介護職員初任者研修は旧ヘルパー2級相当の資格と言われています。

 

 

初任者研修と実務者研修の違い?

 

初任者研修の応用編の資格として『実務者研修』があります。初任者研修よりも専門的な知識を身に着けることができます。具体的な違いとして、学習カリキュラムの違いや受講料の違いがあります。
初任者研修と実務者研修は、どちらも未資格・未経験で受講できるため、いきなり実務者研修から始めることも可能です。ただし、ある程度の基礎知識がある前提の内容なので、介護業界に初めてチャレンジされる方は、まずは介護職員初任者研修の受講をおすすめします。

 

 

「介護職員初任者研修」を取得するメリットは?

資格保持者になれる!給料がアップ!

無資格未経験の場合、仕事内容も利用者のこともわからず、不安に思うことが多いと思いますが、介護資格があれば自信も持て、すんなりと仕事に入っていけます。
また給与面でも無資格より相対的に高くなり、資格手当てがつく場合もあります。

通信講座や短期集中講座、夜間開校の講座など、さまざまな種類があるので、仕事をしながらの方や、主婦の方にも取得しやすい資格です。

 

 

誰でも取得を目指せる!キャリアアップのスタートライン資格!

資格を取得すると、正社員にもなりやすく、リーダーや管理者へキャリアアップの可能性も広がります。
先述したように、「介護職員初任者研修」は介護業務における入門資格です。取得後には、「実務者研修」を経て、介護の実務期間3年の後には、国家資格である「介護福祉士」の受験資格を取得することができます。この様にキャリアアップする上でも必要なスタートラインの資格となります。

資格を取るためには?

 

資格を取得するためには、講義と演習で構成される約130時間の研修受講と、全課程修了後の修了試験に合格することが条件です。

介護職員初任者研修は、年齢や学歴、必要資格、実務経験など受講する上での条件はありません。下記のカリキュラムを修了し修了試験に合格すれば資格取得できるので、挑戦しやすい資格と言えます。

 

 

学習内容 時間
職務の理解 6時間
介護における尊厳の保持・自立支援 9時間
介護の基本 6時間
介護・福祉サービスの理解と医療の連携 9時間
介護におけるコミュニケーション技術 6時間
老化の理解 6時間
認知症の理解 6時間
障害の理解 3時間
こころとからだのしくみと生活支援 75時間
講義の振り返り 4時間
合計 130時間

(参照:厚生労働省『介護員養成研修の取扱細則について』)

 

それでは具体的にどのようにして、介護職員初任者研修取得の為の講義を受けれるのでしょうか。資格を取得する方法は主に下記の2パターンになります。状況に応じて、受講しやすい方法を選択しましょう。

 

  • 通学講座を受講する

通学講座は、最短約1ヶ月で資格取得が可能な為、短期間で集中して勉強し資格取得を目指したい方におすすめです。

平日毎日通う、土日だけ通う、などご自身の都合と合わせてコースを選べるため、スケジュールに応じて通いやすい場所にスクールがあるか調べてみましょう。

資格取得にかかる費用はスクールによって異なり、3~12万円程度が目安です。キャンペーンを実施しているスクールもあるため、いくつかを見比べて検討されることをおすすめします。

  • 通信講座で受講する

テキストなどを使って自宅で勉強します。家事や育児、仕事との両立をされている方、スクールがご自宅の近くにない方等におすすめです。
ただし、介護職員初任者研修のカリキュラムの130時間の内、40.5時間は自宅での学習が認められていますが、それ以外は通学で学ぶ必要があります。費用は通学講座と同程度に設定されていることが多いみたいです。

 

まとめ

 

今回は、介護職員初任者研修について、ご紹介致しました。介護職をこれから目指す人や、今現在無資格で頑張っている人が、まず初めに取得しておきたい資格ということが、お分かり頂けたかと思います。今後、介護職として活躍していきたいとお考えの方は、是非資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。