採用担当者に聞いた! 私はこれで「不採用」を決めました。

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 採用担当者に聞いた! 私はこれで「不採用」を決めました。

一般社団法人人材サービス産業協議会の「中高年ホワイトカラーの中途採用実態調査」によると、採用後に活躍している人の経験業界や経験職種とは実は全くと言っていいほど相関関係がないことがわかっています。

これは介護業界でもいえることで、業界の特性上「資格」や「経験」をある程度重視する一方で、いわゆる「お人柄」を最終的に重視する傾向が強くなってきています。

資格も経験もあり、職歴についても大きな問題がないのに内定がもらえない・・こんな方はこの「お人柄」の部分でマイナス評価をされている可能性があります。

 

面接でのたった30~60分程度でも伝わってしまう不採用まっしぐらのトホホな「お人柄」とは・・

履歴書・職務経歴書でわかるお人柄
□ 写真が曲がって貼られている、枠にきちんと収まっていない。
□ 未記入項目がある
□ 他の法人にも出せるような志望動機
□ 明らかに使いまわしているようなしわの寄った書類を出す
面接時でわかるお人柄
□ 身だしなみ:服装、髪型、髭や鼻毛等の処理、匂い
□ 時間:やむを得ない理由外で遅刻する、その遅刻の際に連絡を入れない、時間より極端に早く来る
□ 挨拶:自分から挨拶ができない、終わって気が抜けるのか退席時の挨拶がない
□ 態度:視線を合わせない、顔や髪の毛をずっと触っている、貧乏ゆすり、ため息、笑顔が全くない、声が小さい、落ち着きがない多動
□ 話し方:癖のある話し方、語尾が延びる、敬語が使えない
□ 質問:相手が話終わっていないのに話し始める、ホームページに回答が記載されているような質問をする、「特にありません」、要点をまとめて話せず、質問以外のことをだらだらと話す
□ 志望動機:なんでこの業界なのか、なんでこの職種なのか、なんでこの法人なのかという志望動機がまとめられていない