知らないあなたは損してる? 再就職手当とは

湘南介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 知らないあなたは損してる? 再就職手当とは

再就職手当の概要

退職前に雇用保険に加入していた場合、失業後は一定の期間で失業保険を受け取ることができますが、せっかく失業保険だからと満額を受け取りたい気持ちから失業期間が長くなってしまうケースも考えられます。

そのため、早期再就職を促すために設けられたのが「再就職手当」です。この制度は、失業保険を受給している期間中に就職が決まった場合に支給されます。

 

受給条件

受給するには、下記の8つの条件を満たしていることが必要となります。

  • 失業保険受給の手続き後、7日間の待期期間を満了後に、就職または自営業を開始したこと。
  • 失業手当(基本手当)の支給残日数が3分の1以上残っていること(就職日の前日まで)。
  • 就職した会社が、退職した会社とは関係ないこと(離職した会社と資本金・資金・人事・取引面で密接な関わりがないこと)。
  • 自己都合退職により3ヶ月の給付制限がある場合、1ヶ月目はハローワークもしくは人材紹介会社の紹介で就職を決めること
  • 再就職先は、1年を超えて勤務することが見込めること。
  • 雇用保険の被保険者となっていること。
  • 過去3年以内に再就職手当、または常用就職支度手当の支給を受けていないこと。
  • 受給資格決定の前から、採用が内定していた会社ではないこと。

手続きの流れ
  1. 再就職が決まったら、まずはハローワークへ報告しましす。
  2. 「受給資格者のしおり」に入っている「採用証明書」を再就職先に記入してもらいます。
  3. 就職日の前日にハローワークで最後の失業認定を受けます ※必要書類は、採用証明書、失業認定申告書、雇用保険受給資格者証と印鑑です。
  4. 「再就職手当支給申請書」の入手。
  5. 再就職後、就職先にて「再就職手当支給申請書」の事業主欄に記入してもらい、受給者本人が「再就職手当支給申請書」の申請者欄に記入します。
  6. 上記用紙をハローワークに提出。

受給金額

支給金額=支給残日数 × 給付率 × 基本手当日額

※支給残日数=所定給付日数-就職前日までの支給日数
※給付率:支給残日数が3分の2以上の人は70%、支給残日数3分の1以上の人は60%となります。